FC2ブログ
2012.12.21 今日の工場
いつものように工場に行ってみると、レガシィ2.5Lターボエンジンの
大手術(分解整備)が今からまさに行われようとしているところでした。

2012-12-20工場

この“オペ”の担当医は、ザザン!元VWのマイスターでナイルインターナショナルの
エース板橋さん!

2012-12-20工場-2

マイスター曰く、これから分解して8個あるクランクメタルとコンロットメタルを交換、
それからプラスチゲージを使ってばらした部品をメーカー規定精度0.01クリアランスに
いれながら組付け調整を行うそうで、作業に精度が求められるのと部品点数が多いことで
丸4~5日かかるとのことでした。



中でもタイミングベルトの組付けは、硬すぎても柔らかすぎてもいけないので
円滑に動くための調整は困難を極めるようです。



話を聞けば聞くほどエンジンの分解整備は『知識と技術と根気が必要になるんだぁ』と
実感しました。平田社長に「エンジン分解ほどの重整備ともなると、新品や中古品の
載せ替えで済ませてしまう『工場が多いのでは?』と質問してみたところ、



『そりゃ載せ替えてしまえば楽だけど、それでは力にならないでしょ。技術の向上は
経験の積み重ねでしかないんですよ。うちは技術屋ですから。あと中古エンジン代が
かからないから修理費用がグッと抑えられますしね』ときっぱり。



この経験こそが血となり肉となって『ここにしかできない』技術力を生み出しているのだと
確信しました。どうりで全国から『ナイルに診てもらいたい!』と整備のオファーが
殺到しているわけです。



これからも弊社が誇る、いや静岡が誇るナイルインターナショナルの凄さを少しずつ
皆様にお伝えしていこうと思っています。



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます。
Secret

TrackBackURL
→http://hakkodo.blog121.fc2.com/tb.php/850-d5deaad8