FC2ブログ
僕たちが日々の仕事の中で常に意識しているキーワードは『イノベーション』です。
企業躍進の原動力と言われており、成功している企業のほとんどが何かしらの
イノベーションを、しかも複数にわたって成し遂げています。



イノベーションを直訳すると『革新』ということで、元々は技術などのハイテク分野で
良く使われてきた言葉ですが、最近では業種を問わず広く使われるようになり、
僕達の周り(提携工場)でも今や当たり前のように良く耳にするようになりました。



言うまでもありませんが、イノベーションとは昨日今日で作り上げられる
ものではありません。階段を一段一段上っていくような地道な熟慮と行動が
必要になります。



もしも手っ取り早く他社の革新をそのままスライドして採用したとしても、
『中身が伴っていない薄っぺらさ』『自分のものになっていない嘘っぽさ』は
どうしても拭えません。



こうなると今までせっかく独自に積み重ねてきたものがあったとしても、
その会社の全てが怪しく見えてしまうためこの方法論は現実的ではありません。
例を挙げると、敢えてどこの国と言いませんが、少し前にモーターショーで話題になった、
『外見は一流メーカーそっくり、中身は二流』の車と同様、乗れば直ぐにわかってしまうのと
同じ理屈です。従って革新とはそこに至るまでのプロセス無くしてあり得ないのです。



では、どのような努力がイノベーションにつながるのか?弊社なりに考え、
常に意識している四カ条は以下の通りです。


① 知覚力 外に出て、見て、問い、聞いたことを自分なりに理論づける。
② 創造力 既存にある素晴らしいサービスや販促手段に自分の考えをミックスさせる。
③ 表現力 独自の価値(②創造力)をエモーショナルにうったえる為の文章力の向上。 
④ 実行力 具体的に行動する。 


経営学者のピーター・ドラッカーはイノベーションを『新しい満足を生み出すこと』と
定義づけています。弊社も既存に無い『八廣堂独自のサービス方法』を一日も早く
生み出すべく、四カ条に意識を向けてその瞬間、瞬間を大事にしています。



最近はお陰様で知覚が研ぎ澄まされてきたせいか、スーパーやコンビニ、フランチャイズ飲食店や
大手高級百貨店、ネット販売やスーパーのチラシの商品構成や価格帯、期間限定のサービスや
キャッチコピーなどの見たもの聞いたものから消費者ニーズを読み取り、企業がどのようにして
マーケットに働きかけているのか?の意図を感じられるようになってきました。



弊社は、全国に星の数ほどある輸入中古車販売店の中に埋もれることがないよう、本気で
イノベーションすることを目指し、成熟期から衰退期に入ろうとしている中古車販売において
八廣堂はまだまだ面白いことができると確信しております。




時々、兄弟でこんな話もしてるんです。たまにはね。



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます。

Secret

TrackBackURL
→http://hakkodo.blog121.fc2.com/tb.php/708-06c84c3e