FC2ブログ
来年も日本経済に暗い影を落とすであろう円高問題。

輸出に頼っている大企業にとっては、円高は引き続き
大きな問題になってきます。

しかし、ピンチをチャンスに変えるという意味では、
当然円高によるメリットも多くあります。


読売新聞の記事によると、福島第一原発の後、輸入量が
大幅に増えたLNG(液化天然ガス)


これは原子力発電に代わる火力などのエネルギーに頼った結果
によるものですが、もし円高でなく円安だったらどうなったのか?
当然、円換算の輸入額はもっと増え、「電気料金の値上がり」などにも
影響したのではないか?という趣旨の記事がありました。


その他にも、余力のある企業は、新興国へのマーケット拡大や、
自社に足りない技術やサービスを確保する為の企業買収を積極的に
進めていくべきで、とりわけ金融危機に揺れるヨーロッパ企業の買収は、
今が最大のチャンスで「お買い得」とも書いてありました。



国の中には、輸入をする企業も、輸出をする企業も、両方する企業もあるので、
円高であっても、円安であっても、一方向に被害が膨らむものでもありません。
確かに日本は輸出立国だから円高は困るし、経済全体から見ても円安のほうが
主要産業にとっては経営が楽になるという声も聞こえてきます。


しかし一夜にして円安にならないことも事実。現実を受け止め、今やれることは何か?
今やらなければならないことは何か?



これからは、この「考える力」の差が必ず出てきます。



悪い景気情勢の中だからこそ、ピンチをチャンスに変える為の準備を進めた企業が
勝ち残る時代になってくるでしょう。


ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます

Secret

TrackBackURL
→http://hakkodo.blog121.fc2.com/tb.php/604-77a49333