FC2ブログ
ANIです。



ウェブマガジン「OPENERS」に連載されている、
ファッションデザイナー三原康裕さんの「日本モノづくり」
毎回楽しみに見ています。



中でも「TASAKI」の回は非常に僕の興味を惹きました。
単純に自然界で一番固いとされているこの素材をどう加工するのか?

 

詳しく読むと、一貫した分業制で、その作業のスペシャリスト、
いわゆる「職人」が手作業や専用機械を使ってカット、研磨、
彫刻をこなし、切削と研磨の刃物にいたっては、その先端に
ダイヤを粉末状にしたものを付着させた工具や原石で削ると
書いてありました。



うーんなるほど。言い方悪いですが‘毒を以て毒を制す’といった感じかぁ~。



ジュエリーの美しく華やかなイメージは、徹底的にこだわり抜いた
『職人魂』と一切妥協の無い製法があってこそと感じました。



最近の日本のモノづくりは、あまりにも市場の顔色を伺い過ぎる傾向があります。
もっと企業は自信を持って今までやってきたことを信じ、我慢して‘やり続ける’こと。
それが「トレンド」になり、やがては「スタンダード」になっていくような気がします。



中国を始めとする『BRICs』の台頭におののいているばかりの昨今、
これから「TASAKI」のようなスピリットを持った企業が増えれば
日本がまた経済において必ずや世界を席巻する日がくることでしょう!




ランキングに参加してみました★
ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます。
Secret

TrackBackURL
→http://hakkodo.blog121.fc2.com/tb.php/170-a42b6d3d