FC2ブログ
ご納車前のE39の納車整備の模様です。車検取得のため法定24ヶ月点検を実施しました。
交換部品は下記の通りとなりました。



・オイル7L
・オイルフィルター
・クーラント添加剤
・フロントブレーキパッド
・インヒビタースイッチ(ATポジションセンサー)



コンピューター診断の結果、インヒビタースイッチの不良があげられました。
まだエンジンも普通にかかりますし、バックランプも正常、メーター内も
『TRANS FAILSAFE PROG』の表示もない状態でしたので試運転時も
なったく気づきませんでした。



インヒビタースイッチは、簡単に言うとシフトレバーが現在どの位置にあるかを感知する
スイッチのことです。シフトが 『P:パーキング』 の位置にあれば 『現在シフトはPの位置ですよ~』
という信号を流すスイッチで、このスイッチが接点不良などでうまく信号が流れなくなると
『P』 いう信号を送ることが出来ず、エンジンがかからない症状になります。
写真を撮り忘れたのでパーツイラストで。純正部品番号 24 10 7 507 818

2014-7-17-1.jpg

通常、お客様からの整備預かりの車両でしたらスイッチ内部の分解整備(延命処置)で
お安く対応させていただきますが、今回は納車整備ですので迷わず純正新品交換
させていただきました。その他はフロントブレーキパッドなどを交換。

2014-7-17-2.jpg

パッドは残り4~5mm程度でした。

2014-7-17-3.jpg

何をしたかを明確に。しっかり2年点検記録簿を発行。納車整備でかかった費用は
全て乗り出し価格の中に全て含まれております。別途、整備費用をご請求する事は
一切ございませんのでご安心下さい。


2014-7-17-4.jpg

まもなく納車となります。



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます
Secret

TrackBackURL
→http://hakkodo.blog121.fc2.com/tb.php/1235-0776bf52