2015-3-11-1.jpg

「そろそろ夏山に向けてトレーニングしなければ」という焦りに駆られ、
先週末は竜爪に行ってきました。



竜爪は市内で気軽に本格登山を味わえる山として、また富士山や
アルプス登山の足慣らしとしても有名な山です。



この日、天気は快晴。前日の雨が嘘のように青空に恵まれました。

2015-3-11-2.jpg

一部、枯れ沢から出水があったものの、これを除けばまずまずの
コンディションでした。

2015-3-11-3.jpg

ゆっくり観察しながら歩くのも登山の醍醐味。良く見るといろんな発見があります。

2015-3-11-4.jpg

出発してから2時間で頂上に到着。早速、コーヒーの準備に取り掛かる。
コーヒー本来の風味が味わえるプレス式に拘って淹れています。

2015-3-11-5.jpg

コーヒーができたところで、「さぁブレークタイム開始!」と思った矢先、
何やら怪しい雲行きに。



『山の天気は変わりやすい』というけれど、さっきまでこれでもかという
ほど晴れていたのに…



後ろ髪を引かれる思いで急いで下山しました。



私事で恐縮ですが、8月13日に槍ヶ岳に登る予定です。



その日を万全な状態で迎えられるよう、これからできる限り準備
(トレーニング)を積んでいきたいと思います。



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。

2014.01.21 プランニング
2014-1-21.jpg

ガイドブックを開いては、「次はどこの山登ろうか?」の計画を
立てて楽しんでいます♪



山が俺を呼んでいる!!




ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます
2014.01.14 MOUNTAIN MADNESS
大人の遠足


正月の連休は近場の山でトレッキング三昧。好きな音楽を聴きながら
一人の世界に入って歩くことが今の自分にはたまらなくいいんです。





今回持ち出したのはこの↑アルバム。マイケル・フランクスの名盤。


2014-1-10-1.jpg

『びく石』山頂からの眺望。

2014-1-10-2.jpg

『満観峰』山頂からの眺望。

2014-1-10-3.jpg

『日本坂峠』からの眺望。

2014-1-10-4.jpg

『高草山』山頂からの眺望。

2014-1-10-5.jpg

お気に入りの場所、高草山頂上付近のベンチで昼食。
眼下に広がる駿河湾を観ながらの男メシは格別です。

2014-1-10-6.jpg

年を重ねるごとに、豪華よりも『贅沢な時間を過ごすことに重きを置きたい』
という思いがより強くなってきました。



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます
大人の遠足


先週末は、小雨がパラつく悪条件の中、第一回HAKKODO HIKING CLUB
(暫定名称)山行を敢行しました。



今回は初陣ということもあり、初心者ハイカーに人気の山、神奈川県に
ある金時山をセレクト。



金時山は、標高約1300mにして歩行時間は短めの往復3時間。それだけに
傾斜がきつい山としても有名。

2013-12-23-1.jpg

登山口は駐車場完備。少しでもストレスレスな移動を考慮してレンタカーは
アルファードに。

2013-12-23-2.jpg

まずは念入りに準備運動。一人、変なオジサンになっている人がいるけど
軽く無視。

2013-12-23-3.jpg

麓の公時神社で登山の無事を祈願。それにしても誰か賽銭ぐらい入れろよ…。

2013-12-23-4.jpg

お参りを終え、いざ出発!登山開始早々から大きな岩がゴロゴロしていて
足場の悪い道が続く。早くも山の洗礼を受ける格好。

2013-12-23-5.jpg

しばらく歩くこと30分。真っ二つに裂けた巨大岩、金時宿り石に到着。
それにしてもデカい。

2013-12-23-6.jpg

さすがは大人の遠足。山歩きのマナーを絵に描いたような一列等間隔歩行。

2013-12-23-7.jpg

おどろおどろしげな木の根が行く手を阻む。木の根は滑りやすいので、
足場を慎重に確保しながら歩行。

2013-12-23-8.jpg

かなり急勾配な岩場。手やストックを使いながら危なげなくクリアー。
姫はスキーで、僕達はフットサルで鍛えた足腰がこういうシーンでは
物を言う。

2013-12-23-9.jpg

三分の二登ったところで小休止。余裕なのか、やせ我慢なのか、みんないい
笑顔してます。

2013-12-23-10.jpg

頭上にはどんよりとした鉛色の雨雲が。休んでる場合じゃない、早く登んなきゃ。




山頂まであともう少し!後編に続く…



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます
大人の遠足


大人の遠足



大人の遠足とは、こだわりの輸入車でドライブすることの楽しさをお伝えし、
輸入車とともに送る豊かなライフスタイルをご提案していこうという企画です。
記念すべき第一弾は、長野県小谷村にある『栂池自然園』をリポートします。



標高1900Mに位置する日本有数の高層湿原である栂池自然園は、雪解けの
始まる6月中旬から7月上旬に群生するミズバショウ、7月~8月にかけては
ワタスゲ、ニッコウキスゲなどの可憐な高山植物が咲き乱れます。



また、コースの途中には夏でも冷風が吹き出している風穴や、澄んだ雪解け水の
せせらぎ、雄大な白馬連峰など、素晴らしい自然が広がっており、一周約5.5Km、
所要時間約3時間30分の園内は見どころ十分。ちなみに園内は、木道が整備されて
いますので初心者の方でも気軽に安心してトレッキングが楽しめます。


栂池自然園-1


それでは、概ね自然園の説明が終わったところでさぁ出発!栂池自然園までは
環境保護の観点により車の乗り入れは禁止されておりますので、麓の
栂池高原駅より、栂池パノラマロープウェイを利用します。
(往復運賃+自然園入場料3300円)


栂池自然園-2


約25分の空中散歩。この日は前日の大雨の影響で濃霧により視界が悪く、絵に
描いたような大パノラマとまではいきませんでしたが、晴れ間から時折覗かせる
大自然はまさに『感動』そのものでした。ちなみに晴れた日は、北アルプスは
もちろんの事、北信五岳から遠くは八ヶ岳まで爽快な景色が見られるそうです。


栂池自然園-3


非日常の景色に釘付けになっていると、あっという間に頂上の栂池自然園に到着。
目の前には残雪を抱いた堂々たる山容の白馬岳。あまりの迫力に一瞬圧倒されるも、
気を取り直してウォーク開始!


栂池自然園-5

この時期に来た一番の理由はコレ ↓ ミズバショウ。

栂池自然園-4

『美しい』の一言に尽きます。

栂池自然園-6

霧の中に霞むミズバショウ。風情があっていいですね。

栂池自然園-7

行く手を阻む雪もこの時期ならではの醍醐味。

栂池自然園-8

幻想的な風景。あまりの美しさに思わず息を呑む。

栂池自然園-9

辺りは静寂という“音”に包まれる。

栂池自然園-10


コースを半周したところで小休止。ところどころに空いた雪の穴から噴出してくる冷気は、
まさに天然クーラー。汗をかいた体をクールダウンしたところで、さぁあと半周
頑張りましょう!



後編に続く…



ポチっとよろしく!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
『2つもポチッ』ありがとうございます。
実はこの『ポチ』とても励みになってます